リンク切れチェックツール

ウェブサイトのリンク切れをチェックする無料ツールを紹介します。
リンク切れページとはアンカーリンク先のページが存在しない404(Not Found)ページや禁止されている403(Forbidden)ページの事をいいます。SEOツールネットのリンク切れチェックは調査URLを入力するだけで、そのページ内にあるリンク先のHTTPレスポンスコードが表示されリンク切れがあるかを簡単に調べることができます。
アンカーリンク、画像リンクなどのリンク切れの確認をする際にはこのツールを利用します。

なぜリンク切れを調べる必要があるのか?
グーグルボットはリンクを辿りページを収集します。リンク切れがあった場合、 グーグルボット(クローラー)はページに辿り着くことができず、停滞してしまいます。またリンク切れが多いページは更新(管理)されていないとみなされ低評価される可能性があります。とくに外部リンクは他の方が運営しているサイトが多いので定期的にチェックする必要があります。リンク切れがあった場合にはページを修正しクローラーが巡回できるようにします。

リンク切れチェックツール
リンク切れチェックツール
URL送信
リンク切れチェックツール
リンク切れチェックツール
URL送信

リンク切れチェックツールにはURL送信かText送信の選択が出来ます。URL送信(上記の画像)の場合にはウェブサイトのURLを入力しHref(アンカーリンクなど), Src(画像など), Href&Srcのいずれかにチェックをします。そして送信ボタンを押せばウェブページのリンクや画像などのURLが表示され自動的に表示されたURLのHTTPステータスコードを調べてくれます。
Text送信の場合には単純にチェックしたいURLを下記の画像のように入力します。

リンク切れチェックツール(
テキスト送信)
リンク切れチェックツール
テキスト送信
リンク切れチェックツール(
テキスト送信)
リンク切れチェックツール
テキスト送信

HTTPステータスコード一覧
1** : 情報
2** : 成功
3** : リダイレクト
4** : クライアントエラー
5** : サーバエラー
一般的なステータスコード
200: 正常にページが表示されている
301: 永久的なリダイレクト
302: 一時的なリダイレクト
403: Forbidden ページが禁止されている
404: Not Found ページが見つからない
500: Internal Server Error サーバーの内部エラー